ビットコインはインターネット上の新しいお金の形

ビットコインとは

ビットコインとは,インターネット上で使える新しい形のお金です。

国内では「仮想通貨」と呼ばれておりましたが,現在,法的には「暗号資産」と呼ぶのが正確です。

以前の「仮想通貨」の名称が,2019年の改正資金決済法によって「暗号資産」と改称されたのです。

改称の理由ですが,以前の「通貨」との呼称が実態と合致していない(国が価値を保証しておらず,流通体制や管理体制が脆弱である)ことから,通貨と明確に区別するためと言われています。

とはいえ,実際には「暗号資産」より「仮想通貨」のほうが意味が通じやすい実態はありますし,ビットコインを取り扱う事業者も「暗号資産」ではなく「仮想通貨」の名称を使用しているところが多い状態です。

ビットコインの概略

ビットコインの歴史は浅く,2009年に運用を開始しました。

ビットコインは,インターネットに続いて世の中を変えるしくみを生み出した「革命」だと言われています。

その理由は,インターネットのユーザーが,管理者不在でデジタル財産をほかの人に安全に移転することを可能にした点にあります。

それを実現するのが「ブロックチェーン」と呼ばれる技術です。

現在,この技術に着目して,官民がさまざな分野に応用するための研究開発が進められています。

ビットコインの登場以降,このブロックチェーンの技術を用いたさまざまな仮想通貨も誕生しています。

ビットコイン最大の特徴は,管理者が存在しないことです。

どの国の政府や中央銀行,そして金融機関も関与していません。

サトシ・ナカモトと名乗る人物(もしくは集団)による論文が起源となっていますが,ビットコインは誰かが管理しているわけではなく「あらかじめ決められたシステム」に従って動き続けているだけです。

管理者が存在しない,特定のサーバーも必要としないことが,逆に強固なネットワークを構築することを可能にし,かつデータの書換えなども極めて困難にしています。

また,ブロックチェーンによって管理者不在であっても,一時的にコミュニティによるオペレーションを要した事態は経験したものの,運用開始から今迄一度も停止状態になったことはありません。

仮想通貨で「これ詐欺かな?」と思ったら